【自分を好きになる方法】自分の価値を見つけるための4STEP

【自分を好きになる方法】自分の価値を見つけるための4STEP

「自分はなんてダメなんだろう」「どうせ私なんて」と感じたことはありませんか。

自分に自信がもてない。自分のダメなところばかりが気になってつらい。

そんな方のために、自分の価値を見つけて自分を好きになる方法をご紹介します。

目次

ステップ1 自分を知ろう

ステップ2 自分を理解しよう

ステップ3 自分を受け入れよう

ステップ4 自分の価値を見つけよう

まとめ

ステップ1 自分を知ろう

ステップ1 自分を知ろう

自分を好きになるための最初のステップは、自分をよく知ることです。なぜなら、よく知らない人のことは好きになれないからです。

あなたが好きな誰かを思い出して、どうやって好きになったのかを考えてみてください。その人のことを知っていくうちに、だんだん好きになったのではないでしょうか。

同じように、自分を好きになるためには、自分がどんな人間かを知ることが大切なのです。

自分を知るために、とても良いやり方があります。それは自分のことを「言語化」することです。

言語化とは、考えていることを言葉や文字にする方法です。身長、髪の長さ、顔のパーツ、肌の色などなど、外見を言語化してみましょう。

感情を込めずに、なるべく正確に表現することがポイントです。外見を言語化できたら、次は内面です。

好きなもの、考え方、価値観など、あなたの心の中をありのままに表現しましょう。

怒ったり喜んだりした時を思い出して言葉にしてください。

今の自分が得意なこと、ニガテなこと、こだわり、コンプレックス、どんな内容でもかまいません。

書いた内容は、あなたしか見ないので、正直に書くことが大事です。自分自身に問いかけながら、しっくりくる言葉を選んでいきましょう。

自分の言語化は、自分を好きになるための第一歩です。しかし、ただの一歩ではありません。

あなたが自分を好きになるために踏み出した、とても大きな一歩です。

どんな道も一歩ずつしか進めません。踏み出すことは、とても大切なことなのです。

ステップ2 自分を理解しよう

自分の言語化ができたら、次のステップは自己理解です。

言語化した自分の情報をもとに、自分の行動と感情を分析して把握しましょう。

例えば「自分は外見をからかわれるのが嫌だ」と知った場合を考えてみます。なぜ嫌だと感じるのか、それを考えることが自己理解につながります。

外見にコンプレックスを抱えているから嫌なのか、友人にはそんな行動をしてほしくないから嫌なのか、理由は何かを明確にする。

これが自分を理解するということです。

また自分を理解するためには、自分の感情や行動の理由を考えることが大切です。

生活の中で、自分がどんな時にどんな感情を抱くのか、どんな行動をとるのかを振り返ってみましょう。

そして、その時の自分の考え方や価値観を言葉にしてください。何を大切にしていて、どう行動するのか、自分の説明書を作っていきましょう。

自分を理解するには、過去の経験や出来事を振り返ることも有効です。

どんな経験が自分に影響を与えたのか。その経験をした時に、自分がどう感じ、どう行動したのかを思い出してみましょう。

過去の成功や失敗、喜びや悲しみによって、自分がどう変わってきたのかを考えることで、自己理解は深まります。

自分を理解することは、自分を好きになるための重要なステップです。

できるだけ素直に、そして正直になってください。まっすぐ自分を見つめることは苦しいことかもしれません。

しかし自分を知り、理解することができれば、次に進むことができます。

勇気を持って踏み出しましょう。

ステップ3 自分を受け入れよう

ステップ3 自分を受け入れよう

自分を理解することができたら、次のステップは自分を受け入れることです。

自分を受け入れるとは、自分のすべてを肯定することです。強みや長所だけでなく、弱みや短所、失敗や過ちも含めて、自分自身をまるごと認めることです。

通常の場合、これは簡単なことではありません。しかし、自分を知って理解できている人にとっては、自分を認めることはそこまで難しくありません。

具体的に書いてみましょう。例えばこの記事を書いている私は、しっかり一重まぶたの持ち主です。

しかも細くて小さい目をしています。

そのため「私は目が細くて小さくて一重で嫌だなぁ。二重だったらよかったのに。もっと目が大きければ。」と思っていた時期がありました。

自分の目についてマイナスな感情を持ってしまう状態でした。

しかし、自分を受け入れた今の私はこうなりました。

「私の目が細いし小さいし一重であることは事実だな。これは自分の特徴の一つ。」

もし他人から目について何か言われても、事実を伝えられただけなので、特にマイナスな感情は生まれません。

自分の特徴の一つとして理解していますので、悩まないし、苦しくもありません。

自分を受け入れることで、人生が生きやすくなります。

話が脱線しましたが、自分を受け入れる方法に戻ります。

最初に書いた通り、自分を知って理解できていれば、自分を受け入れることは簡単です。

そう、考え方を変えるだけです。いくら悩んでも苦しんでも、事実は変わりません。

ですから、良いところも悪いところも、得意なことも弱点も、全部ひっくるめて自分だと考えてください。

弱さがあるから優しくできる、痛みがわかるから強制しない。全ての要素が自分をつくっているのです。

さあ胸を張って、今の私はこんな人間です、と言ってみましょう。

ステップ4 自分の価値を見つけよう

ステップ4 自分の価値を見つけよう

自分には価値なんて無いと勘違いしていませんか。

自分を好きになるための最終ステップは、自分の価値を見つけることです。必ず自分の価値を見つけられます。

自分を知って理解し、受け入れた時には、「今の私はこんな人間です」と胸を張って言えるようになっています。

長所も、ニガテなところも、考えすぎる悪い癖も、すべてひっくるめた存在があなたです。

そして、自分の価値を見つける時には、こうしたデコボコこそがあなたの個性となり、他の人にはないあなたの強みとなります。

自分の個性をどのように活かしていくか、方法は2つあります。

まずは自分の長所を活かす方法です。運動神経が良い、成績が良い、歌が上手いなど、他人より優れた特性があれば、それを磨いていくことで、自分の価値を実感できます。

しかし、この方法の難しいところは、常に競争し続けれなければいけない点です。

そのため、ひと握りの超優秀な人たちだけしか生き残ることができません。

もう一つは、自分の強みと弱みを組み合わせる方法です。

例えばダイエット方法を選ぶ場合、もともと太っていた人が痩せた方が、普通の人が痩せるよりも効果があると感じるのでは無いでしょうか。

つまり、ダイエット方法を推薦する場合には、太っていたことがメリットとなるのです。

同様に、もしあなたが人前で話すのが苦手だとしても、それを克服できたとしたら、同じ悩みを持つ人たちにとって、あなたはとても貴重な存在となります。

人前で話すことが最初から得意な人よりも、適切で親身なアドバイスと、勇気を与えることができます。

自分の強みと弱みをしっかり理解して、自分だけの役割を見つけていきましょう。

まとめ

今回は、自分の価値を見つけて好きになる方法をご紹介しました。

自分を好きになって、より素敵な人生を送ってください。

ただ、記事に書いてある内容を実践するのが難しいな、出来ないなと感じることもあると思います。

そんな時には、ぜひオキュラボに相談してください。

専門家があなたと対話して、悩みに寄り添い、前に進むことをお手伝いします。

詳しくはこちら

文責:岩永