理念、目的、指針

●理念

ひとづくり、つながりづくり、こころづくり  

  (ひと=人、会社、社会、コミュニティーすべてを表します)

●目的

共に歩む人々の人生に、価値あるストーリーを届け、

その時代、その環境にとらわれず、持続可能な社会的公正とソーシャルインクルージョンを実現させます。

●ビジョンと行動指針

1.人や社会の生活、習慣、役割を構築(再構築)し、人生を豊かにいたします。

2.「自己選択」「自己実現」を促進する本来の意味のReハビリテーションを実施します。

3.人や社会のつながりを再認識し、すべての方の「自己効力感」、「自己肯定感」を最大限に引き出します。

4.固定概念にとらわれず、フレキシブルにサスティナブルな提案をいたします。

代表挨拶

 昨今、ダイバーシティ&インクルージョンや人的資本というように人を大切にしようという動きが社会全体の風潮となりつつあります。社会は誰一人同じ人はもともとおりません。その一人一人が活きる時代がこれから訪れようとしています。

日本文化は協調性がよく団体行動が得意とよく言われますが、現在の文化はどちらかというと個性よりも集団を大事にし、他者との違いや個人の意見を認めないことが多く体験されてきていると思います。これでは協調性というより排他的な同調圧力でしかすぎないと感じます。集団や協調性はもちろん大事ですが、その中にもしっかりと個性を尊重する、そんな仕組みがこれからは必要なのではないかと思います。

人と違うこと、マイノリティであることはその一部であり、一時でしかなく、時と場所が変わればマイノリティがマジョリティになることは往々にしてあり得ます。どの様な時も、ひとりひとりが自分の個性や特徴を活かし、なりたいもの、やりたいことを実現させることができる可能性を支援するため、作業療法的視点をこの手段として活用していきたいと思っています。

 作業療法の「作業」とはOccupationを和訳したものです。Occupationとは人を取りまく占有するあらゆるものを指します。そのため、行為、仕事や生活、はたまた人生そのものを表します。またその中でも、その人にとって価値があり大切な事を特に示しています。

 私は、自分自身が作業療法理論、特に人間作業モデルや作業科学を学び人生の捉え方や歩み方を変えるきっかけとなりました。その作業療法理論は現在医療介護の場面で展開されることが多いですが、あらゆる人々の心を豊かにしウェルビーイングな生活を送ることを可能にできるものと感じています。

 株式会社オキュラボは「あなたらしい人生研究所」を和名に込めて名付けました。理念は「ひとづくり、つながりづくり、こころづくり」です。これは、私の座右の銘である「人生の意味は自分だけで完結するものではなく、常に周囲の人、社会との関係から生まれる」という養老孟司氏の言葉に強く影響を受けています。

 

私は、人の幸せは「役割」によってもたらされると考えています。またその役割を担う権利を機会が誰にでも保障され、選択することができることで、常に誰も排除されない社会的公正/ソーシャルインクルージョンとなり、社会はよりウェルビーイングになると思います。

 そして、私達は働く人を中心に様々な権利と役割を担う可能性を支援し、笑顔で働く大人たちが人生100年時代を幸せに全うできる社会を作ります。そんな大人たち、社会の姿をみて子供たちは未来への希望を抱き、様々な可能性にチャレンジができるようになってくれたらと思います。

株式会社オキュラボ

代表取締役CEO兼CWO(Chief Well-being Officer)

作業療法士  森島 肇

概要

商号株式会社オキュラボ
代表者氏名代表取締役CEO兼CWO(Chief Well-being Officer)  森島 肇
住所〒111-0041
東京都台東区元浅草4-5-18
電話番号(代表)03-4446-6456
事業内容・法人への人的資本経営サポート及び相談窓口を含む「ウェルビーイング人財育成伴走サービス」
・人々への作業療法的アプローチによるメンターサポート
・どんな時も人々が活きる「役割」を持ち続けられる地域共生社会デザイン
常勤スタッフ作業療法士 2名
産業看護師 1名

役員

取締役

髙橋 章郎

NPO法人ルーツ・ユアセルフFounder・副理事長、首都医校作業療法学科責任者、東京都立大学客員研究員、日本認知作業療法研究会代表理事

CRO (Chief Reserch Officer)

籔脇 健司

東北福祉大学健康科学部リハビリテーション学科 教授、首都大学東京大学院保健科学研究科博士後期課程修了 博士(保健科学)、認知症予防専門士指導者、日本老年精神医学会認定上級専門心理士、日本臨床作業療法学会理事、日本作業療法教育学会理事、学術誌作業療法副編集長

スタッフ

常勤

作業療法士 修士(医科学)

山田 桃子

産業看護師

森島 祥子

パートナー

パートナースタッフ

作業療法士 東京リハビリテーションサービス中野エリアエリア長補佐、就労移行支援事業所元所長

扇 浩幸

作業療法士 神戸大学大学院 発達障害領域 修士 専門学校専任教師、放課後等デイサービス

宍戸 聖弥

そのほか、産業医、ファイナンシャルプランナー、ライフプランアドバイザーと連携もしております。

相談役

現東京保健医療専門職大学教授、東京都立大学名誉教授、人間作業モデル研究所 代表理事

山田 孝 名誉教授

顧問

東京都立大学大学院 名誉教授、大阪河崎リハビリテーション大学学科長、日本リハビリテーションカウンセリング研究会 代表理事

大嶋 伸雄 教授

MBA、公認ライフシフトプランナー

松田 壮史 博士

前田・鵜之沢法律事務所

前田 哲兵 弁護士

協賛及び連携企業

一般社団法人 人間作業モデル研究所

一般社団法人 日本ウェルビーイング推進協議会

一般社団法人 認知作業療法研究会